ヒデノリと学ぶ!音楽プロデュース道!ーVol.3「バイト探し編」

GREEN_HA20140125_TP_V

ロックスターを夢見て熊本から上京してきたヒデノリ。
ライブ活動を生き甲斐とし、音楽活動に明け暮れる、中野在住のどこにでもいるミュージシャンだ。

そんな彼が音楽業界で生きていくために学んだこと……。
このストーリーは彼の成長の記録でもあり、
音楽業界のガイドブックでもある。

次に俺はバイトを探してみた。
ライブ活動を中心にシフトを組めるようなバイト。。。

ん〜〜なんだろう。
やっぱり手っ取り早く居酒屋か。
しかし居酒屋だと、夜時間が取られてしまって感じのライブができない。
かと言って、昼の事務職にすると、週5がっつり時間を取られると、
ツアーに行きづらくなる。

 

夜に働く方法って何かないかな・・・
そう考えつつコンビニで求人情報を立ち読みしていた。

そうか、コンビニだ!!コンビニにしよう!!
コンビニなら特に時間の制限なく働くことができる!!
そう決めた俺は、早速コンビニの面接を受けてみた。

結果は不採用。
なぜなら俺は金髪だからだ。

ちょっとくらなら髪を染めてもいいいそうなのだが、
今回東京での活動ってことで、
がっつりブリーチして、半ば白くなってる俺の髪は、
ダメだそうだ。
金と気合を入れてブリーチしたのに、
いまさら黒染めするのは気が引ける。

一体どうすればいいんだ。
これが東京の壁だっていうのか。

俺は意気消沈し、半ば心が折れかけたまま、
渋谷のリハスタに向かった。

その話を待合室でメンバーにすると、
エオストレのベースである、
TATSUYEAHさんが「コールセンターなら結構融通きくんじゃん?」と言い出した。
「コールセンター?」
「そうコールセンター。コールセンターなら髪型や服装も自由だし、シフトもうまく組めるんじゃん?しかも新宿にオフィス多いはずだから、中野から通いやすいんじゃん?」
「マジっすか!?早速調べてみます!!」
まさに鶴の一声とはこのことだった。

帰宅の電車の中、俺はスマホで、
コールセンターのバイトを探してみた、
すると「時給1300円/週1以上/服装髪型自由」という見出しで賑わっていた。

こんな仕事があるのか!!
なんて自由なバイトなんだ。
そして時給がすげぇ高ぇ!!
熊本のコンビニの倍近くある。。。
東京。マジ凄まじい街だ。

無事採用され、
俺は新宿のコールセンターで働き始めた。

俺の東京での生活の足場は固まった。
あとはやるしかねぇってことだ!!